かき氷は家でもできる!シロップと入れ物を100均で入手しよう
広告

かき氷


お家かき氷に必要なものって何でしょうか。

シロップ?入れ物?それ、全部100均で揃います。



太陽がぎらぎらと照り付ける夏。

気温はウンザリしてしまうくらい暑いですが

夏ならではのイベントや食べ物が沢山あって

ワクワクする季節です。



特に、子供のころから

私たちの心を掴んで離さないのがかき氷!



ひんやりした氷と色とりどりのシロップは

見ても食べても楽しい夏の風物詩です。



そんなかき氷を、今年はおうちで楽しみませんか?

外で食べる時とは違って、

氷を削ったりシロップを選んだり

作る過程まで楽しめちゃうのが

おうちかき氷の醍醐味です。



今では100均で安く材料を揃えることも

できるのでコスト面も心配はいりません。



この記事では、お家でかき氷をする時の準備物や

余ったかき氷のアレンジ方法等を紹介いたします。



記事を読み終わった頃にはおうちで

かき氷がしたくなっているはず?!



是非参考にしてみてくださいね。



かき氷のシロップや入れ物をダイソーで揃えよう

かき氷

いつもかき氷のシロップを

どこで購入していますか?



お近くのスーパーマーケットでしょうか。



実は100均で有名なダイソーに行けば

シロップや入れ物など必要品が

安く揃ってしまうのです。



もちろんスーパーや通販でも

シロップを購入することはできますが、

コスパはいまいちです。



その理由は値段の高さにあります。



せっかくお家でかき氷をするなら

いろんな味のかき氷を楽しみたいですよね。



しかしスーパーで販売されているシロップは

350mlで600円ほどで、何種類も買うとなると

費用がかさんでしまいます。



多くの家庭ではひと夏に一回お家でかき氷をするかどうか

という登場回数ですよね。



そうなると余ったシロップは

そのまま捨てることになります。



シロップもお金ももったいないです。



しかしダイソーのかき氷のシロップは

200mlで110円と非常にコスパがよいです。



そのうえダイソーではデザイン性に

優れたかき氷用の入れ物なども

販売されています。



100均なのに、お家でちょっとした

パーティ気分にもなれて一石二鳥ですよね。



さすが天下のダイソー様といった感じです。



広告

余ったかき氷のシロップに困る…。今すぐできるアレンジ方法

かき氷



あなたのお家では余ったかき氷のシロップを

どうやって処理していますか?



使い道がないので期間が過ぎたら

捨ててしまう方が大半だと思います。



しかし、実はかき氷以外に

使い道がないように見える

シロップも活躍の場が沢山あるのです!



このパートでは、余ったシロップの

アレンジ方法をご紹介いたします。



使い道に困っている方は要チェックですよ!



1.シロップのソーダ割りにする

用意するものは、



  • 余ったかき氷のシロップ
  • 炭酸水


のみです。



いちご味を使えばいちごソーダに、

メロン味を使えばメロンソーダになります。



お好みでアイスクリームを乗せれば

より本格的になります。



濃さも自分で調節することができるので、

癖になること間違いなしです。



2.ゼリー

mpotteryさんは 余ったブルーハワイ味のシロップを使って

青空ゼリーを作っています。



ブルーハワイ味のゼリーを青空、

そしてカルピスを雲に見立てるなんて

ナイスなアイデアですよね。



見た目も涼やかで、目でも楽しめる一品です。



3.カラフル白玉

クローバー!さんは シロップで白玉を

色付けしています。



いちご味の白玉はあんこと合わせると

いちご大福のような味になるのでしょうか。



レモンやメロン味の白玉も作れるので、

著者も作ってみようと思いました。



4.わらび餅

みたけ食品さんは なんとあのわらび餅に

アレンジしています。



真っ青なわらび餅を見るのは

初めてでびっくりしましたが、

シロップの種類が豊富だからこそ

できることですよね。



プルプル触感の味付きわらび餅は

想像するだけでも美味しそうです。



5.みぞれかき氷

ショパン*さんは みぞれかき氷にしています。



一周回って元の用途として使い切る、

著者には思いつきませんでした。



これなら食べたい時に冷蔵庫から取り出して

いつでもかき氷が楽しめます。



混ぜて凍らせるだけなので、

小さいお子さんと一緒に作ることもできます。



牛乳と混ぜ合わせて凍らせれば

いちごミルク味のかき氷にもなったり、

アレンジの方法も豊富で楽しいですね。



広告

まとめ

いかがでしたか?



今回は、



  • かき氷のシロップを買うならダイソー
  • 余ったシロップのアレンジ方法


を紹介しました。

安く、自分好みに、楽しくできるのが

おうちかき氷の醍醐味です。



かき氷作りから余ったシロップのアレンジまで

最後まで楽しめるおうちかき氷。

夏の風物詩であるかき氷を、

今年の夏はご自宅で楽しんでみませんか?



少しでも心が動いたそこのあなたは

今すぐダイソーに行ってみてくださいね。



この記事があなたの参考になったら

嬉しいです。



最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

広告