お中元を8月に贈るのは遅い?正しい贈り方を伝授
広告

お中元


夏のご挨拶である、お中元を

贈る季節になりました。



お中元はお世話になった方、

親しい方など、大切な人に想いを込める

日本伝統の交流の機会です。



それなのに「つい忘れてた!」などと

慌てたことはありませんか?



気がついたら8月!お中元は、

今からでも間に合うのでしょうか?



お中元は、いつまで贈ればいいかというと、

実は地方によって違うのです。



あなたはどの地方の方へ贈ろうと

しているのでしょうか?



そもそも、お中元は直接手渡し

することが伝統でしたが、

今では時間的・地理的に、

送ることが一般的となりました。



8月上旬にお中元を贈るのは大丈夫?

桃



北海道・東海・関西・中国・四国では、

7月15日から8月15日、東北と関東は、

7月1日から7月15日とされています。



北陸はさらに地域差があります。



新潟県や石川県の金沢市は7月1日から

7月15日に贈る習慣で、

富山県や石川県の能登町は

7月15日から8月15日に贈るのが一般的です。



特に石川県の地域差は分かりづらいので、

いつ贈ればよいのか、思い切って

事前に相手に聞いてみたら

いかかでしょうか?



それが困難なら7月15日に

贈るのが無難と言えます。



九州はもっとも遅く、8月1日から8月15日です。



沖縄県は独特で、旧暦のお盆にあたる、

旧暦7月13日から7月15日に贈ります。



つまりその年の旧暦のお盆がいつなのか

調べなければなりません。 



今年の旧暦のお盆は8月31日から9月2日です。



旧暦のお盆の3日間で贈らなければ

ならないとなると、とても

慌ただしいですね。



そのためには、前もって準備をして

おく必要がありそうです。



宅配業界は、さぞかし忙しい3日間に

なることでしょう。



このようにお中元は地方で差があり、

必ずしも8月が遅いというわけでは

ありません。



例えば、あなたは今、九州地方の方に

お中元を贈ろうとしています。



そうであれば7月ではなく、

8月にお中元を贈るべきなのです。



しかし東北や関東の方に贈ろうと

思っているのであれば、

「遅い」ということになります。



近頃は、お中元の時期が

早まってきているようで、

それはどの地方でも

共通しているようです。



私は東北の人間なのですが、

関西に贈る際に7月1日に

贈ってしまいました。



あとで早すぎたことに気がつき、

お詫びのお電話をしたところ、



「よくあることやし、最近では

 関東に合わせて早くなっとるよ」



と言われたことがあります。



東北や関東では、早い人ですと

6月20日頃に贈る人もいるようです。



広告

8月にお中元ののしはどうすればいいか?

お中元



あなたは関東の方にお中元を

贈ろうとしています。8月になって、

うっかりお中元を贈ることを忘れて

しまったとしたならば、

どうすればいいでしょうか?



もし遅れてしまった場合、のしを

「お中元」ではなく「暑中御見舞」に、

立秋以降は「残暑御見舞」に変えれば、

失礼なくお中元を贈ることができます。



もちろん8月に贈る習慣の地方には、

そのまま「お中元」と書いてください。



8月とはいえ、15日を過ぎてしまうと、

ほとんどの地方では「遅い」と

いうことになってしまいます。



その場合も、のしの書き方を

変えれることで問題なく

贈ることができます。



お中元を贈るのが遅くなったときは、

「のしを変える」という逃げ道があるので、

覚えておくと便利ですね。



広告

まとめ

つい、自分の地方の習慣に倣って、

お中元を贈ってしまうことがあるでしょう。



関東に住んでいるから、

当然お中元は7月15日までに・・・と。



しかし、贈る相手が九州地方だったら、

なぜこんなに早く贈ってくるのだろうと

思われてしまいます。



贈る相手の住んでいる地方の

しきたりにあわせ、タイミングを逃さないように

余裕を持って準備しましょう。



この美しい日本の文化の継承を大切にして、

あなたの心のこもった贈り物が

素敵なものになりますように。

広告